バイクの買取金額はお店によって変わるものか?

 

バイクを売りに出す場合に今となってはいろんなお店やたくさんの買取業者がありますが、同じバイクでも買取金額・買取価格は違うのかと思ったことってありませんか?

 

 

多少の誤差はあったとしてもだいたいは同じくらいなのか?

 

 

そう思う方もいると思いますが、結構お店・業者によって買取額が変わる場合もけっこう多いです。

 

 

例えばCB400SFを買取査定に出してみるとします。

 

  • A社だったら20万の査定。
  •  

  • B社だったら23万の査定。
  •  

  • C社だったら18万の査定。
  •  

  • D社だったら20万の査定。
  •  

  • E社だったら19万の査定。

 

 

査定のイメージってこんな感じだと思います。

 

 

大きくは買取価格は変わらないように見えますが、一番低い査定額の18万と一番高い査定額の23万を比べるとすると買取査定自体で5万円もの査定額が違うことになります。

 

 

このように同じバイクでも査定する業者によって、今すぐに欲しいとしている車種であったり、今力を入れている車種だったりすると通常の買取額より高くなるケースがあります。

 

 

ですので、買取査定については、できるだけ多くの業者に頼んでみて、その中で一番高い査定額をつけてくれた業者に売却をお願いするというのが、一番高く買取額をあげることができるコツだと思います。

 

 

ちなみに今回は例として20万くらいの査定イメージとしてCB400SFを出しましたが、もともと値打ちのあるものや人気のある大型バイクだとすると50万〜100万くらいの査定価格のものにもなれば普通に5万くらいの査定差がでることもあるので、売却をお願いする業者は慎重に選んだ方が良いです。

 

 

まとめ

 

バイクの買取金額はお店によって変わるものです。

 

 

そのお店や業者において、取り扱っている在庫の数や力を入れて買取している車種も異なってきます。

 

 

なのでお店や買取業者においてはできるだけたくさんのところに査定を頼んでみるのがいいでしょう。